代表挨拶

トップメッセージ

富士見鉄工(株)の歴史

大正14年12月、小林宗一が農機具を製造するために小林鉄工所を創業しました。業容の拡大を受けて昭和40年に主事業を鋼構造製作に移して、富士見鉄工株式会社を設立いたしました。
これまで、バブル崩壊やリーマンショックの大波を受けながらも、業績の良い時も悪い時も、変わらず支援ご協力くださったお客様、業者の皆様そして会社を支える従業員とご家族のおかげでここまでやってくる事ができました。

代表取締役社長 小林弘幸

明日へ向けて

今、鉄鋼・建築業界は、東日本大震災で被災された方々と地域の復興と更なる発展を支援する事業そして平成32年の東京オリンピックとその関連事業で、お客様のご要望に答えるべく、休む間もなく全力で邁進しております。
しかし、この先、10年、20年と更なる発展を続けて行くには、景気に左右されない強い体質作りが必要です。富士見鉄工株式会社は、「安全・安心な鉄骨」をお届けするのは勿論、お客様のどのような創造的なニーズにも応えられるよう、製造技術の改革と設計技術の高度化に10年の長期計画で取り組みます。

社員と共に

社員が心身ともに安全に安心して働けるように、2015年4月1日に社員相談室を設置しました。
昨今話題のメンタルヘルス、ハラスメントそしてキャリア等、仕事上の事柄は勿論、人生や家族に関する悩みも相談ができます。
早めに相談して悩みを解決して安心して仕事に専念していただき、社員全員が自分らしい生活を築き豊かな人生を過ごせるよう願っています。

企業理念

社員としての行動指針

安全第一、次に健康、そして自ら考え行動する
何よりも安全に作業する事、そして健康に留意する事が社員自身の為であり、家族の幸せの基本であり、お客様に納期どおり、「安全・安心な鉄骨」を届ける礎となります。
加えて、社員一人ひとりが自分の仕事の課題を見つけ、解決策を考え、そして行動する事が、仕事の効率と質を高め、お客様との強い信頼関係を築く事につながります。

オーダーメイドスピーカー製作

輸送事業部

ガーデニング事業部

鉄工現場男子

鉄工現場女子

御柱建方写真集

  • 富士見鉄工の社屋
  • 〒399-0214
    長野県諏訪郡富士見町落合6973-1
  • TEL.0266-62-2017
富士見鉄工の会社概要
このページの先頭へ